668344.jpg
転職って人生設計に大きく影響しますよね?

特に住宅ローンを抱えてのことならなおさらですが、本人が思っている以上に影響が出るものです。

転職活動は上司や同僚に言うと触れ回られ、ややこしくなりますが、少なくとも家族には事前に相談しておくべき。

特に嫁という生き物は、現実的でかつ保守的です。

せっかく良い条件の介護施設が見つかっても、嫁に反対されてしまえば元も子もありません。

いわゆる嫁ブロックって状態です。

常日頃から職場や仕事の話は絶対にしないと決めている方も多いでしょうが、事後報告はあとあと尾を引いてしまいます。

また女性は感情的ですから、キャリアアップできかつ給与も2倍近くになる転職なのに反対されて居づらくなったって人もいるぐらいです。

私は40代でリストラされて1年ほど失業状態でしたが、これは妻の支えがなければできない所業でした。

普段から何を考え、何を基準に転職先を選んでいるのか?いつがタイムリミットなのか?を妻には事細かに話し、可能な限り安心感を与えようと努力した結果です。

私と一緒にリストラされた同僚の中には、嫁さんに言い出すこともできず転職活動をしながらバイトしていた人間や、未だリストラされたことすら言っていない先輩もいます。

一体どういうご家庭なのか?常識を疑ってしまいますが、バレた時のショックは大きいですよ。

転職することが当たり前の時代に突入しましたが、自分の夫や妻がするとなれば話は別のようです。

普段から多少なりとも悩みを共有して家族の理解を得ておくことは、転職以前の問題です。

ローンに関して多くの制約が付きますから、いずれかは話さなければならない問題ですよね?

特に新たにローンを組まなければならない事態はいつやって来るか分かりません。

ヒヤヒヤしながらの転職活動は上手くいきません。

もう少しパートナーを信じて洗いざらい話してみませんか?